疲れ気味な祐一と酒癖悪い佐祐理さんとはむはむな舞(α+β)

 


 

 

「舞さぁ、腰使いがうまくなったよな」

「…そう?」

「そーだよ。最初の頃はぎこちなかったけど、最近はちゃんと前後に腰振るのも安定してきたぞ」

「でもまだまだ」

「それでも舞は結構覚えるのが早いと思うぞ」

「……」

「舞なんか剣振り回すくらいしか能がないと思ってたからなぁ」

「私だってあれくらいできる」

「ま、なんだって経験を積むほどうまくなるってな」

「………」

「今日もやるか?」

「………はちみつくまさん」

「はは、そーだと思った。じゃ、外行こうぜ」

「……外でするの?」

「いや、もう暗いし、平気だって」

「………」

「恥ずかしいのか?」

「…………」

「わかったわかった。でもなぁ、部屋でやるとなぁ……」

「佐祐理も一緒に」

「あ、そっか。佐祐理さーん、いいですかー?」

「何がですかぁー?」

「いわなくてもわかってるんでしょ、佐祐理さーん」

「あははー、じゃあ佐祐理も混ぜてください。今、洗い物終わりますから〜」

「わかりました。……と、そんじゃ先にやってるか」

「……」(こく)

 

「ところで舞、フラフープどこに閉まってあるんだ?」

 

〜〜〜〜〜〜〜

 

と、俺はフラフープでいい汗かいて、今は風呂に入っている。

屋内でやると家具にぶつかったりしないか心配だったのだが、今日は無事だった。

ここはとあるアパート、”高級マンション”だ。

高級マンションという名前のアパートなのであって、高級マンションではない。

大変センスの感じられるネーミングだと思う。

最初に大家さんに会ったときは、思わず

「頑張ってください」

と真顔で言ってしまったほどだ。

だが、現在佐祐理さんと舞の3人でここに暮らしていても特に狭いとか汚いとか感じないところを見ると、

一応大家さんなりに高級マンションにも負けないくらいのアパートだという自負はあるようだった。

「…ふぅ、やっぱり風呂は一番風呂が……よかったなぁ…」

俺は3番目でちょっと感動が薄れつつ浴槽につかる。

先に入ったのは順に佐祐理さん、舞だ。

やっぱ汗かいて気持ち悪いだろうから、女の人が先に入った方がいいでしょう、なんて言ってしまった自分が恨めしい。

二人の後に入れるんだったらむしろありがたいじゃないかという意見もありそうだが、実際そうなってみるとはっきりいって面白くもなんともない。

俺が面白いと思うのは一番風呂のときか舞や佐祐理さんが一緒に入ってくれるときだけだ。

しかも一緒に入ってくれたこともなければ入ってくれそうな雰囲気も全くないので実質俺が面白いと感じるのは一番風呂だけということになる。

っつーかそんな簡単に風呂一緒に入ってくれるような女がそこら辺にいたら俺はむしろ引くだろうが…。

「ばーばべばぶぶぶぶぐぐぐぐぼぼびぇーーーー」

俺は浴槽に顔をつけて奇声を発してみる。

とても楽しい。

「ばびびびびぎゅーぎゅーう゛ぇーーーーーーーぶぐでゅー」

どうやら俺は一番風呂じゃなくても面白い風呂の入り方を発見してしまったようだ。

「う゛びゃあああああばばばば〜〜」

……。

「ぺぺぼーーぼぷるるる〜〜〜〜」

……。

うん、どーせだから何か普段言えないようなことを思いっきり言ってみるってのも一つの手かもしれないな。

……よし。

「ばびーーーー!!ぼばべばーーーー」

…ちょっと恥ずかしくて言えない。

やはり何を言ってるか他人に聞こえなくても恥ずかしいもんは恥ずかしいんだな。

また一つ勉強になってしまった。

よーし、次を最後にしよう。

「ばう゛ぁがばーーーー…ぶぐっぐぼっ!!」

!!!

「…げほっげほっ…ぐっ……はぁ…はぁ…」

ほんとに最期になるかと思ったぜ……。

一歩間違えれば風呂でくしゃみついでに溺死なんて例えシャーロックホームズでも解決できないような難事件をつくりだすところだったな、俺。

「……さて…風呂出るか…。これ以上入ってると命危なそうだし…」

俺はざばーっと浴槽から勢いをつけて立ち上がろうとする。

「……あ…立ちくらみ…」

ごん。

「っつー…。今日はほんとに風呂が危険区域だな…」

俺は立ちくらみにより後ろに倒れ、壁に頭を打った。

そして、ちょっと涙目になりながらもう一度立ち上がろうとすると、

『あはははー、やんっ♪舞〜、そんなとこ噛まないでよ〜』

部屋の方から佐祐理さんの楽しそうな声が聞こえてくる。

……はぁ?何だろ、佐祐理さんのアホそうな声(暴言)がいつにもましてアホそう(大暴言)に聞こえる。

いや、しかしこれはアホっていうかむしろ…。

『ねー、舞。そんなことするんなら揉んでくれないの?』

佐祐理さんの声が聞こえ、俺の思考パターンがさらに夜型になっていく。

うーん…、この場合俺は、風呂から出た方がいいのかな…。

「風呂から出るべきではないぞ、祐一」

「そうか、わかったぜ」

俺は口をついてでた会話内容を俺の本心とみなして、もう一度浴そうにつかり直すことにした。

ふ…やはり何考えてるかワケわからないような佐祐理さんといえど、たまるものはたまるよな。だったら少しくらい発散させてあげないと、いけないよなぁ♪

そうはいっても俺が直接手を下しちゃったりしたらあとあと大変(意味深)なことになるかもしれないから、ここは舞にまかせよう。

『んっ、気持ちいいよ。あ、もう少し強くして』

いやいや、佐祐理さんって、結構…。

『そう、んふっ、もっと下の方も…』

そんな、そっちの方まで?!

これって本番中(オリジナル版のゲーム中)で俺がしていた妄想シーンそのものになりかねないのではないか?

いやしかしあの妄想では二人の立場が逆だからなんとかネタかぶりは避けられる…って、そうじゃなくて、どっちにしろすごいことになってしまうではないか!

「もう限界か、祐一」

「限界です。師範代

「そうか、ならば行け…。私はとめやしない」

「すみません…。師範代っ!」

口をついてでた会話内容第二弾、弟子と師範代バージョンに従い、俺は風呂を出ることにした。

俺はざばぁっと上がり、音速でタオルで体を拭いたため摩擦で皮膚が焼けこげたような感もあったが、今の俺にはそのくらいなんともなかった。

そしてタオルを体に巻いて、部屋に入る。

「さ、佐祐理さんっっ!その、俺がっ!」

「あ、祐一さん。今、舞にマッサージしてもらってるんですよ。とっても上手なんですよ〜」

「祐一、早く服着てきたら?」

「………」

佐祐理さんはうつぶせに寝っ転がっていました。

舞は佐祐理さんをマッサージしてあげていたのでした。

そして俺は佐祐理さんがいやーんな声を出すもんだから、一人で勝手に暴走していただけなのでした。

とてもベタなオチであることに対し、俺は憤死しそうになりました。

「祐一、なんで涙目なの?」

「……うるさい」

俺は洗面所に髪を乾かしに戻りました。

 

 

「はぁー……ビールないですか?佐祐理さん」←意気消沈気味

俺は全裸のまま押し倒して佐祐理さん漁り…、などということはせず(当たり前)に寝間着用の服を着て普通に冷蔵庫を漁ってみる。

「あははー、未成年はアルコール禁止ですよー」

佐祐理さんは明日の弁当の下ごしらえをしつつ言う。弁当づくりも当番にしようと思ったのだが、これだけはやりたいとのことで佐祐理さんが毎日担当になっている。

「佐祐理さんだって未成年なのにめちゃくちゃ飲んでるじゃないですか」

「大丈夫です。佐祐理の体はもう大人になってますからー」

さっきのこともあってか、なんかとっても心惹かれる発言な気がするのは俺だけだろうか。

「…っつーか佐祐理さん、酒くさい」

「えー?日本酒ちょこっと飲んだだけですよ、ちょこっと」

そういう佐祐理さんの頬はほんのり桜色。を、越えてかなり赤くなっている。

「おい舞、佐祐理さんさっきまで酒飲んでたか?」

俺が冷蔵庫から仕方なくグレープフルーツジュースを取り出すとついでに飲もうと思ったらしく隣にきていた舞に聞く。

「マッサージしようと思ったときは、すでに一升瓶かかえてた…」

「……」

「あ、あはは〜。祐一さん、あんまり気にしちゃダメデスヨシダ〜」

「誰すか、ヨシダって」

「佐祐理、お酒飲んでるときは料理やめたほうがいい」

舞もさすがの佐祐理さんでも飲酒料理は危険だと思っているらしい。

この点では俺も同感だ。

「でも明日のお弁当の下ごしらえしないと」

「別に1日くらい学食行けばいいんですから」

「そーですかぁ?じゃあお言葉に甘えて明日はおべんとお休みにしますね〜」

そういうと佐祐理さんは途中まで料理していたものをヘラヘラしながら適当に皿に盛って片づけ始めた。

きっと明日になったら全部忘れて『この変な盛り合わせ何ですかぁ?』って俺に聞いてくるに違いない。

そして俺は言うのだ。

「変な盛り合わせです」

と……。(恍惚とした笑み)

なんだかひねりがないような気がするが、俺にはこれがベストに思えてならなかった。

「ふぅ、それじゃあ舞、お酒ちょーだーい♪」

佐祐理さんはまだまだ飲むつもりらしかった。

なにげに3人のうちで一番酒を飲むのが佐祐理さんだったりするから世の中恐ろしい。

舞は飲めるには飲めるようだが、自分からはあまり飲もうとしない。

そして俺はというと、実はあんまり飲めない。せいぜいビールやそこらが限度だった。

「ねー、舞ー」

「佐祐理、もうこれ以上飲むと肝硬変になる」

「いくらなんでもそこまでひどくないだろ」

舞の言うことはいつも極端すぎる。俺がつっこみ役に回るのだからよっぽどだ。

「うー、舞ー、ひーどーいよー。佐祐理はお酒飲みたいーよー」

「なんかどんどんしゃべりがひどくなってきてないか?佐祐理さん」

「お酒は時間差がある者だから…」

「者じゃなくて物だ」

「祐一は細かい」

「正しい日本語を使え」

「私の日本語間違ってる?」

「たまにな」

「じゃあ佐祐理の日本語は?」

「間延びした日本語だ。正しいかどうかは危うい」

「うぐぅは日本語でどういう意味?」

「あれは日本語ではなくただの造語だ。日本人が意味もわからず”ボンゴレカルパッチョナリー!”と叫ぶのと同じだ」(どう同じなんだ?)

「ニュアンス的には?」

「”最低、だいっきらい”から”だから祐一くん大好き♪”まで発音の仕方によって意味合いがかわるからなんとも言えない」

「だおーは?」

「接尾語だ」(そうなのか?)

「意味は?」

「皆無だ」

「じゃあなんで名雪さんは使うの?」

「口癖なんだろ」

「そう…」

「うーー、佐祐理が話から置いてかれてってますー…」

俺と舞で一対一のトークを繰り広げたため、酒酔い佐祐理さんは展開の早さについていけなかったようだ。

「まあそんなこんなで俺の日本語講座は終わりだ」

むしろいつ始まったのかがよくわからないが、とりあえず日本語の話はここで終わりにした。

「とにかく、佐祐理はもうお酒飲んじゃ駄目」

「はーい…わかりましたー…」

佐祐理さんは微妙に拗ねていた。そんなに酒飲みたいか、お嬢様。

「あ、笑う猫の冒険」

「ん、もう8時か」

舞が時計を見て突然言い出した。

笑う猫の冒険とは日曜8時にやっているおもしろ番組だ。

今時コントをやっている番組なんてなかなかないので俺の中では重要文化財に指定されている。

「ふふー、佐祐理もコントできますよー」

……佐祐理さんがだいぶ壊れてきたな。

俺が、わかりましたから、と言う前に佐祐理さんは勝手にテレビの前に立ってコントをやりはじめてしまった。

「魔法師団長ー!総統が怒っていますー!」

「ど、どれぐらい怒ってるんだー?」

「相当」

「…………」

「……」

俺も舞も、全くコメントできなかった。だが佐祐理さんは、

「あははー、コントは楽しいですねー」

かなり満足して席に戻った。

というかただの駄洒落だということに、本人は気付いていなかった。

なんか目もとろんとしてきているし、また俺にからんでくる。

「ふー、ふふふー、祐一さん、佐祐理の事本当はどう思ってるんですか〜」

「こんなに明るく楽しく酒癖悪い人も珍しいと思ってます」

俺は本当の事を言った。

「うー、そーですかー。佐祐理は祐一さんの右側が好きですよ〜」

意味がわからない。

「舞、俺の右側って何だ…?」

「……さあ?」

やはり舞でもわからないらしい。ただでさえ現代人らしからぬお嬢様は酒に酔うと意味不明というよりない。

「あーもう佐祐理さん、笑う猫見ましょうよ〜」

「あ、そうですね。あははー」

素直にそういうとテレビの方に向き直ってくれた。

これでやっと”アナウンサー大学”が見られる。(俺の笑う猫コントランキングで1,2位を争うやつなのだ)

なんか随分と首がすわってないような気がするけど、まあいいとしよう。

「祐一……」

「ん?」

今度は舞がソファーでやっとこさくつろぎモードに入った俺の服を引っ張る。

「はむはむ」

「…お前さぁ、もうそろそろ飽きろよ」

「はむはむ」

「わかった…。ほらよ」

俺はため息をつきつつ腕を出す。

するといつものように舞が俺の袖(長袖)をちょこっと噛む。そして噛んだままテレビの方を向く。

「…うう…、よだれがつくんだよ…」

舞は最近テレビを見るとき、俺の服を噛む癖がある。なんかしらんが俺の服を噛むと落ち着くらしい。

そして舞はそれを通称”はむはむ”と呼んでいる。

そういや風呂入ってるとき佐祐理さんが言ってた”噛まないで”ってのは、これのこと言ってたんじゃないか…。

あのときに気がついてればあんなこと考えなかったのに…。

「あははー、二人とも仲良しですね〜。でも佐祐理はむしろお酒と仲良ししたいです〜」

「そんな悠長なこと言ってないで、やられる方の身にもなってくださいよ……」

名前はかわいいがやられるほうはとてもうれしくない。1時間近くもそうされていると服がよだれでひどい有様になってしまうのだ。

まあ北川にやられたとしたら即刻、釜ゆでの刑に処してやるんだろうけど、相手が舞だとそこまで鬼になれない…。

しかし少しくらいの仕返しくらいはしておかないと気が済まないのも事実だった。

「……」

ぐぃんっ、と手を挙げると舞は引っ張られた。

「あっはっは、舞の一本釣り」

でしっ。

「……テレビ見るから」

かなり鋭い眼光とともにつっこみチョップをくらい、俺は少しの仕返しすらままならないことを改めて知った。

「祐一さん、ちょっと涙出てますよ」

「……」

 

 

1時間後。

「ふはー。寝言ですーー…。すー…すー…」

佐祐理さんは案の定寝ていた(?)。

舞は大変噛み心地が良かったらしく俺の服の袖はかなり劣悪な状況になっていた。

「畜生…いつかはむはむ仕返してやる…」

笑う猫で笑った分が一気にこの状況を見て差し引かれてしまう。

「セクハラで逮捕される」

「へっ、警察に言えないような場所はむはむしてやるから覚悟しろよ」

「そのときは自分で裁きを下すからいい」

「………」

俺はやられっぱなしなんですか…。

「あー、とりあえず佐祐理さん布団に運ばないとな」

「寝てますよ〜…すー…すー…」

ほんとに寝てんのかな、この人…。

「じゃあ私が運ぶ」

「ん、ご苦労。俺は着替えてくるぞ…」

 

 

 

「なぁ舞。佐祐理さんも寝ちゃったしさぁ」

「何?」

「これから見たいテレビもないし、時間はいっぱいあるし。舞はアレ、したくないか?」

「モノポリー?」

「いや…そんじゃヒント」

「……」

「最初に”せ”がつくやつ」

「政治?」

「ここは国会議事堂か」

「違うの?」

「違う…。いつもやってんだろ”せ”」

「……?」

「”せ”がついて、人が重なったりするやつ」

「……」

「舞が最初にやりたいって言い出したんだろ」

「あ…」

「そーそー。わかったか?」

「せんべいごっこ?」

「当たり。やるか?」

「やらない。眠いし」

「じゃあ最初から寝るって言えよ」

「仕方ないから祐一につきあってあげただけ」

「ああ、そーですか…」

 

 

「なんだかんだいっても舞の相手してると飽きないな、ほんと」

佐祐理さんを布団に運んだ後、勉強もしたくないし、なんだか眠いしということで結局みんな寝ることにした。

「……面倒?」

俺らは部屋の入り口から見て、俺、舞、佐祐理さんの順で並んで寝ている。

電気を消してあるので当然暗い。

「面倒ったら面倒だけど、いやぁ、この家から出て行けって言われても出ていきたくないって感じだな。アハハハ」

佐祐理さんがすでに眠っているので笑ったりしたら起きちゃうだろと思うかもしれないが、佐祐理さんはそんな人じゃない。

一度寝たら、自分で目が覚めるまで待つか、たたき起こすか酒を隣に置くかしか起こす方法がないのだ。

「…イヤになったら出ていく?」

「あーのさー、そんなまともに言われると気恥ずかしいからやめろ。それに、俺が出ていくわけねーだろ」

「だって、佐祐理も大切だけど祐一がいなくなったら私はどうすればいいかわからなくなりそうだから」

「だからまともにそういうことを言うなって。絶対出ていかねぇっつーの」

「……」

俺は天井を見ていたが、舞の方はじーーっと俺のことを凝視している。それもかなりの至近距離で。

ケンカ売ってるのかと思うくらいだ。

「お前さぁ、昔いっぱい苦労したんだからそのねぎらいくらい俺にやらせてくれよ」

ちゃんと目を見て言わないと信用してくれなさそうなので俺はごろんと横を向く。

舞と目が合う。

こういうとき、普通はドキッとするのが定石だが、むしろ舞の目つきが怖くて別の意味でドキッとした。

「昔のことなんてどうでもいい」

「ん?なんで」

「私は今ここにいてくれる祐一がどんな過去より大切だから…」

「……舞」

「…………」

「こっちくるか?」

俺がそういうと舞は俺の布団にもぐりこみ、突如抱きついてきた。しかも足をからませてくる当たり、サービス精神も旺盛と見える。

俺はいきなり理性をふっとばされそうになった。

「……おおぉ…ぃ、舞…。こっちくるかって言っただけだ…ろ。いきなり何を…」

そうはいいつつも俺の体の方は瞬時に舞ちゃんにレッツゴーな感じ(意味不明&大バカ)120%状態となった。

舞は俺のことをぎゅーっと抱きしめたかと思うと、

「離したくない………」

なんでその言葉が面白く感じたのかはわからない。

「……くく…あはははは。面白い。いつまで俺を離さないでいられるかやってみろよ。離したら逃げるぞ、俺は」

その言葉を聞いて、舞ちゃんにレッツゴーな感じよりも、舞が俺をどれだけ抱きしめていられるか見てみようっていう気になった。

やっぱり俺はちょっと変わり者なのかもしれない。

「ん?あ、そっか。舞と一緒に暮らしてる奴が普通の人間なワケねぇよなぁ。あっはっはっは」

目の前、それこそ舌を出したら鼻っ先をなめられるんじゃないかというくらいの至近距離の舞を改めて見ながら俺はそう言った。

「…何、いきなり」

「おい、もっと力いれろよ。俺、逃げるぞ」

「あっ…」

舞は健気というか、単純(こっちの方が正解だろう)というか、また力を入れ直す。

俺にはそれが楽しくて仕方ない。

「あーあ、舞に抱きしめられてると、いろいろエッチなことしたくなってきちゃうなぁ」

「…っ」

俺がそういうと舞は少し力を緩めて離れる。

「おお?ゆるくなった。これなら逃げられそうだ♪」

と俺が舞から逃げ出そうとすると、また思い出したように思いっきり抱きしめてくる。

「祐一、ずるい」

「はぁ?別に勝負してるワケじゃねぇぞ。離したければ離せば?」

「……」

舞は黙る。

ってことで、舞を試そうゲーム続行♪←最低キャラ

今度はちょっとばかし舞で遊んでみることにする。

「はっはっは〜♪」

とわざとらしい笑いをしつつ、左手を舞の後ろ側に回し、うさうさパジャマのズボンの方につっこみ、さらに下着の中に手を入れて舞のおしりをなでてみる。

「……んふっ」

舞は体を少しくねらせたが、今度はそれでも離さない。

「すげぇ根性だな、舞…」

いろいろやってる俺がいうのもナンだが、感心してしまう。

「絶対、祐一は私のもの」

「俺は所持品かい…」

「多分売っても5ゴールドくらいにしかならないけど…それでも、離したくない」

「舞…」

俺はちょっと複雑な気分だったが、もうこれ以上やったら舞が泣いちゃうと思うので終わりにすることにした。

「あー、もうわかった。もう逃げないからよ、離していいぞ」

「……」

「ほんとだって、逃げねぇって」

「……」

「…あ」

どうやらすでに遅かったらしい。

「ま、舞さん…?泣いてるデスカ?」

「ふ…ぅぅ…ぅ…ひくっ」

「ごめん、やりすぎたか」

「違う…ひくっ…ぅ…安心したから…」

「え?安心って、何が?」

「祐一、逃げないんでしょ…だから…」

「なんだよ、それ。お前泣かすと佐祐理さんに怒られるだろ。俺、この前酔っぱらった佐祐理さんにめちゃくちゃ怒られたんだぞ。すげぇ怖かったんだよ。だからさ、お願い、泣きやんで♪」

「……」

舞はやっとこさ俺から離れると顔を布団側に伏せた。

「うー…おいっ。泣きやまないとエッチなことしちゃうぞ。いいのか?」

「……いい」

「なんですと?!」

俺は驚いて思わず舞にヘッドバットをかますところだった。

「いいよ、祐一…」

しまった…、引くに引けなくなった。

ほんの冗談のつもりだったんだけどなぁ。

いや、まあ俺としては全然かまわないんだけど。

「舞…ほんとにしちゃうぞ」

「うん」

……。

「はぁ…、今度は俺が舞を離したくなくなっちゃったよ…」

そう言って俺は思いっきり舞を抱きしめた。

 

 

 

 

 

「すー…すー……。二人とも仲良しですね〜♪佐祐理の遺言…もとい寝言でした〜………すー…すー…」

 

 

END

 

 

 

コメソト:

こんにちは音速秘書です。

えーっと、ノーコメント♪

それではまた今度〜。


戻る はむはむで肉を食いちぎられる人続出 すぷらった